はだ産婦人科クリニック【札幌市/西区・手稲区】無痛分娩にも対応

産科・婦人科・新生児内科・麻酔科

無痛分娩

無痛分娩とは

麻酔を使用して陣痛の痛みをやわらげ、母体への負担を軽減させる出産方法です。

無痛分娩をもう少し詳しく

無痛分娩一般的な無痛分娩の種類は
  1. ①硬膜外麻酔を用いる方法
  2. ②脊椎麻酔(脊髄くも膜下麻酔、または腰椎麻酔)を用いる方法
  3. ③眠り薬や鎮痛剤を用いる方法
に分けられます。(それぞれを組み合わせて使う方法もあります。)
痛みを取り除く力はさまざまで、

③は完全な無痛に近い状態を得ることはできますが分娩時の記憶がないという短所があったり、②はお腹から下の感覚がなくなったり、麻酔薬によっては一時的に歩けなくなったり、いきむ力が弱まりやすいと言われています。
①の硬膜外麻酔を使った方法では痛みを取り除く力はやや弱いですが、意識や感覚が残っていて出産時の喜び・感動を味わうことができるという長所があります。

現在、欧米では分娩の半数以上に無痛分娩が行われている国もあり、広く普及していますが、日本ではまだ数%との報告が多いようです。

麻酔をかけての分娩というと「眠った状態での出産」をイメージされる方もいらっしゃるかもしれません。
当院で行っている無痛分娩は、①の硬膜外麻酔を使って「意識をなくさず、痛みをなくす」方法です。
意識があり、痛みをコントロールした状態で、しっかりといきんで出産できますので「出産時の感動を味わうことができないのでは?」といった心配はいりません。

当院での無痛分娩の実際は

原則、自然に陣痛が始まり子宮口が開き始めたタイミングで背中から特別な針を使って脊柱管の中(硬膜の外)にある硬膜外腔へ直径1~1.5㎜くらいのチューブを入れ、そこから持続的に少量の麻酔薬を流します。
麻酔薬の濃度や量を調節することで、陣痛の痛みを感じる神経のみを選択的に麻痺させますが、運動神経などすべての神経を麻痺させるわけではありません。
分娩時は、できる限り自分の力でいきんで、頑張って出産してもらいたいと思います。
また、妊婦さんによっては「赤ちゃんが大きい」とか「予定日を過ぎても陣痛が来ない」などの理由で陣痛促進剤を使って分娩を誘発しながら、無痛分娩を行うこともあります。
その場合はあらかじめ入院日を決めて、入院後先に麻酔の管を入れ、薬で陣痛が起こり子宮口がある程度開いた時点で薬を流し始めるといった方法をとります。
頸管の準備(熟化)ができていない状態からの開始になると通常よりも時間がかかることが予想されます。

一生のうちでも数少ない大イベントの出産です。
それぞれの患者さんに合わせたより良い方法を一緒に考えていけたらと思います。

無痛分娩のメリット・デメリット

無痛分娩のメリット・デメリット 無痛分娩のメリットは、陣痛の痛みがなくなるため、陣痛に耐える疲れなど、お産における母体への負担はかなり軽減されます。
また、分娩後すぐに赤ちゃんと向き合えるのも大きなメリットといえます。
さらに、最近の出産年齢の高齢化に伴い、妊婦さんが子宮筋腫や子宮内膜症といった婦人科疾患を抱えていたり、過去にさまざまな病気を経験し辛い思いはできるだけ避けたい、あるいは精神面での合併症や不安を抱え出産を乗り切る自信がないと悩んでいる人も多く、そういった人にとっても無痛分娩は有効な方法だと思います。
赤ちゃんに対する影響はほとんどないと言われています。しかし、母体に麻酔がかかることによって母体が低血圧となり、赤ちゃんの血液の流れが一時的に減り胎児徐脈が出現しやすいなどの指摘がありますが、あくまでも一時的なもので、しっかりと胎児の状態を観察しながら行う病院の管理のもとでは大きな問題に至ることは少ないと思われます。

無痛分娩のデメリットは、麻酔が強く効いた場合に妊婦さんのいきむ力が弱くなり、吸引分娩や医者や助産師がお腹を押して分娩に至る割合が増えること、無痛分娩で分娩時間はいくらか延長することが挙げられます。
しかし最近の研究では帝王切開率は増加しないとも報告されています。
その他、麻酔手技による合併症もまれにあります。

当院では、産科麻酔について豊富な経験を持つ「麻酔科標榜医」の院長が出産を担当します。
妊婦さん一人ひとりの状況にあわせて麻酔の量や濃度を調節し、妊婦さんと一緒により良いお産を目指します。